NASAマーケティング

HOME

NASAマーケティング

 NASAマーケティング「探客8割」

マーケティング・営業・CRM​​​​​​の三位一体BSC戦略

弊社は

マーケティング:

見込客を発掘する事

営業:

見込客を粘り強くクロージングして受注する事

CRM:

リピートする事

とシンプルに定義しています。

1.新規開拓にはメール販促
2.既存深堀には2種のFax通信で支援しています。

また、営業の生産性を高める為に
「営業にマーケティングさせない」
⇒レスポンス・マーケティングで見込客を発掘する
「営業は見込案件をクロージングする」
⇒クロージング能力を高める教育で戦闘能力を高める
の2つのコンセプトで支援しています。

 NASAマーケティング「探客8割」
NASA無人探客スキーム

その要点は「びっくり・本物」「無限に拡がる市場」の2つです。

「売るな、語れ!」を信条にして「情報」でお客様とコミュニケーションしてレスポンスを得るスタイルです。
「びっくり・本物」を「本物の4条件」に照らしてお客様の心に響く「磁石化」する表現を心がけています。

5つのチェックポイント

「無限に拡がる市場」に「びっくり・本物」商品を主にHPと連動したHTMLメール販促を行います。
​​​​​​​ ・新規開拓:電話帳データベースからペルソナとマッチする対象顧客を抽出する事で​​​​​レスポンス・マーケティング
しかし、忘れてはならない既存顧客は
 ・既存深堀:「びっくり・本物」商品をFaxマーケティングで情報発信
 ・既存継続:新しいリピート商品をFaxマーケティングで情報発信
ですが、FaxにQRコードを付加してHPと連動する方式でより詳細に商品紹介を展開して「無人営業」の効果を高めています。
このように「無人営業」をNASAマーケティングと名付けていますが、
NASAはNew Aggressive Sales Actionでレスポンス(気配・見込)に対応する「積極果敢」(アグレッシブ)なのです。
つまり、「探客」で現れたお客様に営業をかけることです。(探客8割)

実際のお客様のマーケティング・スキーム

実際のお客様のマーケティング・スキーム

既存客にマルトク通信とイチオシ通信の2種のFaxマーケティングで情報発信しています。

マルトク:

営業員が口にしない消耗品

イチオシ:

提案型商品

特に、イチオシ商品は自社客で成功事例を横展開する活動して頂き事例を増やして、その事例をHTMLメールでネット・エリアへ問いかけるという構図です。

池の魚、川の魚

業績が向上すれば、
「うちの社員にやる気がない」(池の魚)
         ↓
「儲かったからご褒美でグアム旅行」
に変わって「幸せ」になっておられます。

ポイントは、「売るな、語れ!」を情報化してコミュニケーション戦略です。

3つのマーケティング

3つのマーケティング

© 2021 有限会社エー・エム・アイ